遺跡発掘場のプレハブ小屋での土器復元作業

大学生の夏休みの頃、大学の紹介で遺跡発掘の手伝いという市の募集アルバイトに行った事がある。
遺跡の発掘はほぼ終わった後だったので、プレハブ小屋の中で発掘された土器の破片をくっつけて復元したり、
発掘されたものを洗浄して泥を落としたりとかなり独特の内容だったが、もともと歴史には興味があったのでとても楽しかった。

大学生の博物館資格取得の実習生の荒く復元した土器の修正などもした。
ただ真夏のプレハブ小屋なので異常に暑く、クーラーも一応あったのですが何の意味もなかったので毎日すごい量の汗をかいていた。

少し痩せたので思わぬメリットでした。後、プレハブ小屋にはバイト仲間だけで上司に当たる人はいなかったので、のびのびやれたのも良かった。
市の募集バイトなので給料自体は安めだったが、おもしろい経験が出来たし歴史に興味がある人にはとても良いバイトだと思う。
数人のバイト仲間以外とは他の人との接触が全くないので興味がない人には退屈なバイトかもしれない。